終活の総合相談及びその支援

終活・介護・相続・葬儀・お墓|終活情報館|トップページ

終活、介護、相続、葬儀、家族葬、通夜、埋葬、相続、お墓など終活支援の事なら終活情報館

判断能力の低下で、病気、介護、死去、相続――――これから起こるかもしれない「もしも」のときには、子どもや家族は関わらなければなりません。
一番良いのは、ご本人が自分で準備しておくことです。ご本人が準備しないときには、家族が判断していかなければならないことになります。
もしものときに、まちがった行動をしないためにも事前に知識をもっておくことはとても大切なことです。
「まだまだ」と思っている今なら、対策をとることもできますが、「いよいよ」になってからでは、準備対策自体が難しくなります。
「まだまだ先のこと」と思っているうちに様々な情報を知っておきましょう。

終活・介護・相続・葬儀・お墓|終活情報館|もしものそなえ
終活・介護・相続・葬儀・お墓|終活情報館|もしものそなえ

もしもの時の備えと準備が必要です。

何かあった時ではなく今だからこそしっかりと準備しておく必要があります。

準備とは未期を想定して様々な準備をしておくこと

ライフエンドとは人生の終焉を希望どおりに過ごせるようにすること

① 認知症 → 後見人(成年後見)② 相続対策③ 在宅医療 → 終末期医療④ 在宅看取り → 尊厳死・献死⑤ 葬儀計画、生前予約、見積情報、遺影撮影、葬儀希望⑥ 末期手続き(エンディングノート)⑦ 予算確保